ワキガ

【かなりお得】保険が適用されるワキガ手術とは?

春になってくるとワキガ女子は途端に生きづらくなります😢

暖かくなってくるので汗かきやすいし、薄着になるのでニオイが充満しやすいです。

私は新社会人になったときに、「はじめて会う職場の人達にくさいと思われたらどうしよう」とずっと悩んでいました。

このまま一生毎日心をかきむしるぐらいなら手術してしまいたいと思う人は多いと思います。たった数時間の手術で人生が変わるのですから。

ただ、私自身がそうなのですが、ワキガの手術を受けるにも両脇で35万円もかかるところが多くて、なかなか手が出せません。というのも、35万円も掛けたのに「再発した…」なんてことになったら悔やんでも悔やみきれないからです。

そこで今回は保険が適用されるお得なワキガ手術法 「剪除法」をご紹介します。

剪除法とは


剪除法は脇に数センチの切れ目を数本入れて、皮膚をひっくり返し、ニオイの元となるアポクリン汗腺を直接目で見て切り取る方法です。

多くの病院やクリニックでは脇のシワに合わせて切開するなどの工夫がされているので、傷跡が目立ちにくいとされています。手術を受ける場合は、病院やクリニックに手術前後の写真を提供してもらい、傷跡が目立たないかどうか確認することをおすすめします。

ただ、アポクリン汗腺をきれいに除去するには、熟練の技術と長時間の集中力が必要となりますので、病院を選ぶときは慎重にならなければなりません。

懸念点としては、脇の色素沈着と術後に腕の運動ができないことです。

料金は保険が適用されるため、数万円で済みます。片脇20,000円で提供しているところもあるようです。

メリットとして挙げられるポイント:

  • 保険が適用されるので料金が安い
  • ニオイが改善すると言われている
  • 傷跡が目立ちにくい

デメリットとして挙げられるポイント:

  • 麻酔が切れると痛みが出る
  • 100%完治はしない
  • 術後の日常生活がつらい
  • 色素沈着が起きる

口コミもチェック

「美容医療での口コミ広場」で実際に剪除法手術をした人に口コミをチェックしてみました!(リンクはこちら

上記を見ると86%以上の人達が剪除法に対して四つ星以上、3人に1人が五つ星と回答していることから満足度の高い手術方法であることが分かります。

剪除法に興味があるのであれば、きちんと良い面と悪い面を説明してくれる病院やクリニックを選んでくださいね✨